2007年05月26日

『スネークフライト』(Snake On A Plane)を見た

『スネークフライト』を見た。 主演はご存じサミュエル・L・ジャクソン。あちらこちらの映画に主人公いい役、悪役とりまぜて引っ張りだこの黒人俳優である。 ストーリーはスネークフライトオフィシャルブログ を参考にしてほしいが、最初はハワイの明るいイメージとサーフィン場面で始まり、これは面白い、明るそうな映画だなあ、と思っていたのだが、バイクの少年がハワイの森林で殺人現場を見てから一転。 飛行機のフライト場面に移ってからは蛇、蛇、蛇と人が死んでいく気持ち悪い場面の連続。ああ、やめてくれと叫びたくなるほどの阿鼻叫喚の場面だったが、アメリカ映画らしく最後は主人公の二人は生き残ってすっきり。 おわりの場面はまたハワイに戻って、すごくさわやかなハワイのサーフィン場面で、幕を閉じたが、最初と最後の場面をのぞいて心臓ばくばくの場面の連続で休む暇もなかったです。 この手の映画はちょっと心臓に悪いけど、なかなか楽しめた映画でした。
posted by 旅烏 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。